月別: 2017年10月

月別: 2017年10月

Category : 太るとは

健康に有効と注目を集める成分が、青魚に多く含まれたDHA・EPAです。

DHAは海馬の栄養素となり記憶力を助ける働き、EPAは血液中のコレステロールや中性脂肪を減らし生活習慣病を予防する働きがあります。

それ以外に、DHA・EPAには細胞膜の材料となる働き、細胞膜に溜まった脂肪を取り除く働きもあり、健康で元気でいたいなら、積極的に摂取をしておくことがおすすめです。

そんなDHA・EPAは青魚を食べることによって摂取することも可能ですが、青魚を食べる習慣がないのであればコレステロールを下げるサプリメントの活用が有効です。ただ、サプリメントを選ぶ時には、安全性を重視しておくことが大切です。

DHA・EPAが豊富に配合されていても、体に悪い成分が配合されている、品質に問題があるという場合、健康効果は半減します。

サプリメントの選び方が分からない場合や健康に悪影響がないか不安に感じる場合、一人でサプリメントを選ぼうとせず、医師に相談をしてみることがおすすめです。

 

降圧剤のデメリットと食事量の重要性

血圧が心配な方々は、様々な食材に関心を抱いています。麦茶などもその1つです。

それで血液サラサラを求めている方々は、しばしば降圧剤なども服用しています。しかし実際には、かえってネガティブな効果が懸念されるのです。理由は副作用です。

病院から処方される薬は、全て副作用はあります。降圧剤も例外ではありません。ですからそれを継続的に服用してみると、かえって血液が微妙な状況になってしまう事もあります。薬剤というのは、ある程度慎重に服用するのが望ましい訳です。

薬剤も良いですが、むしろ普段の食生活の見直しが推奨されます。特に食べ過ぎに心当たりがある方々は、要注意です。

と言うのも食べ過ぎの状態ですと、どうしても血液の中にアテロームが蓄積しやすくなります。それは血液の状態をドロドロにしてしまうので、何とか減少させる必要があります。

ちなみに食事の量を控えめにしてみると、アテロームが減少する事は多いです。ですから血液の状態が気になる時には、食事量の配慮が推奨されます。

 

安全性など色々な所を見て確認することが大切な機能性表示食品

機能性表示食品は多くの食品会社から発売されています。ストレスを緩和するものであったり、記憶力を高めるものなど種類は豊富にあるのです。そのために症状に応じてこういったものを摂ることも身体を支援することが出来ます。

機能性表示食品の特徴は、企業側が科学的根拠に応じて表示をすることが出来るものです。そのために会社の責任において表示することが出来るものであるので、企業が信頼できるかが重要となります。

届出の状況は消費者庁のサイトにも情報が出されているために確認することが出来、細かい所は企業側のサイトで公開されていることがあるのです。

その両方を見ることで安全性なども確認することが出来るようになります。また、届出されている機能性表示食品は症状によって検索もすることが出来るので、比較なども容易にすることが可能です。

機能性表示食品は企業の信頼性と多くの食品の中から比較することで、自分に一番良いものを購入することが出来るようになります。